刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(月~金),8:30~18:00(土)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)


※被害者側の御相談や非通知での御相談には対応しておりません。

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

令和4年の主な解決実績

 こちらでは,令和4年に当事務所の弁護士が解決した事件の一部,お客様の声の一部を紹介しております(お客様の声については,個人情報の関係であえて抽象的な表現に変更させていただいているものもあります)。
 渋谷青山刑事法律事務所では,お客様の要望する結果を実現すべく,弁護士が被疑者・被告人のために誠心誠意弁護活動を行います。

令和4年の主な解決実績,お客様の声

捜査段階終結事案
(起訴されなかった事案)

 被疑者が,共犯者らとともに,複数回にわたって税関に申告することなく,海外から日本に金を密輸したために消費税などの支払義務を免れたとして,警察に検挙された関税法違反,消費税法違反,地方税法違反被疑事件。

 本件に関しては,共犯者らが先に逮捕され,その時点で事件が報道されている状況でした。また,被疑者は海外で生活していたため,前科がつくことで海外渡航が制限され,生活に影響が出てしまう可能性がありました。本件では,共犯者らが逮捕された段階で,当事務所の弁護士が弁護人として付き,弁護活動を開始していきました。共犯者が逮捕された当時も,被疑者は海外におり,警察から被疑者への連絡が取りづらい状態になっていたため,弁護士は,まず被疑者の逮捕を阻止するために,すぐに警察に連絡をし,逮捕回避を求めていきました。その結果,警察は被疑者を逮捕せず,在宅事件として処理する方針になりました。
その後も,弁護士は,被疑者に有利な事情や証拠,被疑者に前科がついてしまうと不利益が甚大であることを示す証拠をかき集め,それを意見書にまとめ,検察官に提出しました。本件は,組織的な犯罪であることや被害金額が高額であったことから,被疑者に前科がついてしまう可能性が高い事案でしたが,検察官は被疑者を不起訴処分(起訴猶予)としました。そのため,被疑者には前科が付くことはありませんでした。

関税法違反事件,消費税法違反事件,地方税法違反事件の被疑者の家族の声

唯一親身になってくれた事務所でした。

 今回,主人が海外にいたため話をきちんと聞いてくれる事務所がなかった中,唯一親身になっていただきました。それで依頼することにしました。
事案的には簡易だと検察にいったときに分かりましたが,それまでの安心な言葉があったので,海外からの帰国もためらうことなくできました。

 被疑者が泥酔して被害者に暴行を加えたことにより,首などに怪我を負わせてしまい,警察に検挙された傷害被疑事件。

 被疑者は,弁護士を付ける前に,直接被害者に謝罪をして被害弁償をしたいと申し出ていましたが,被害者からは断られていました。当事務所の弁護士が弁護人に付いてから,弁護士は改めて,弁護人を通じて謝罪と弁償をしたいと被害者に申し出ました。そうしたところ,被害者は弁護人と話をすることに了承してくれました。被害者には首に痛みが残るなど怪我の程度が重く,被害感情も厳しかったため,当初は示談交渉が難航しました。しかし,弁護士は,被害者と何度も交渉を重ね,被疑者の経済状況等を具体的に話し,提示額に納得をしていただけるよう説得を続けました。その結果,最終的には被害者との間で示談することができました。
示談が成立し,被害者に許していただいたことにより,被疑者は最終的に不起訴処分(起訴猶予)になりました。

 被疑者が複数の未成年の子に路上で陰部を見せつけたとして検挙された公然わいせつ被疑事件2件。

 弁護士は,弁護人として選任されてすぐにそれぞれの被害者の親権者との示談交渉に取り掛かりました。弁護士は,それぞれの被害者の親権者に,被疑者の謝罪の言葉を伝えた上で,二度とこのようなことをしないために,専門的な病院に通っていることを伝えました。また,被疑者の自宅と犯行現場が近かったことから,遠く離れた場所に引っ越しをしたことも伝えました。それぞれの被害者の親権者からは,被疑者の行動から誠意は伝わったと言っていただき,今後被害者に接触しないことや犯行現場付近に近づかないことを条件に,示談を受け入れていただきました。
検察官は,2件とも被害者との示談が成立していること,専門病院で治療を行っていることなどを評価し,不起訴処分(起訴猶予)としたため,被疑者には前科がつかずに本件は終了しました。

 被疑者が百貨店内で女性のスカートの中をスマートフォンで撮影して警視庁に検挙された東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(盗撮)事件。

本件で,被疑者は盗撮行為を行っているのを被害者に見つかり,警察に検挙されました。被疑者は検挙後に当事務所を訪れ,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。本件では,被害者の被害感情が非常に強く,すぐに示談書を取り交わすことはできませんでした。しかし,弁護士が被害者代理人弁護士と複数回にわたり粘り強く交渉を行い,最終的に示談が成立しました。
弁護士は,示談成立後,被疑者が深く反省していることや再犯防止のために様々な措置を講じていることなどを意見書にまとめ,検察官に提出した結果,検察官は被疑者を不起訴処分(起訴猶予)としました。

盗撮事件の被疑者の声

小松先生が尽力してくれました。

 被害者方の被害感情が強く厳しい事件でしたが,小松先生がご尽力して下さり不起訴になりました。自身との向き合い方や再犯防止の為の方策,また不起訴に向けての取り組み方や取調べの対応等も親切丁寧に説明してくださり,常に真剣に考えてくださり,いつも信頼感がありました。
 私は小松先生に弁護していただけたことを深く感謝しています。ありがとうございました。

起訴事案
(裁判となった事案)

その他のメニュー

解決実績

弊所の解決実績・お客様の声について紹介しております。

令和2年解決実績

弊所の令和2年の解決実績・お客様の声について紹介しております。

令和3年の解決実績

弊所の令和3年の解決実績・お客様の声について紹介しております。

無料法律相談はこちら

無料法律相談

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
被害者側の御相談や非通知での御相談には対応しておりません。

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,事務所が東京都渋谷区にあるため,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

二宮英人-代表弁護士

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!

メディア掲載実績・
講演実績

2021年12月11日

・二宮英人弁護士が産経新聞で性交同意年齢引き上げについてコメントしました。

2021年12月9日

・有原大介弁護士がABEMA
Primeで盗撮問題の法律監修を行いました。 

2021年10月8日

・二宮英人弁護士が亜細亜大学で刑事事件に関する講義を行いました。