刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

刑事事件専門の弁護士をお探しなら

弁護士法人
渋谷青山刑事法律事務所

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

盗撮をした場合,逮捕されるのか?

こちらでは,盗撮事件と逮捕について解説しております。

盗撮事件について

 駅のエスカレーターで女子高生のスカートの中をスマホで撮影するなどの盗撮行為は,各都道府県が定める迷惑行為防止条例により取り締まられています。また,駅のエスカレーターやスーパーなどの公共の場所とは言えない,会社や学校の更衣室・トイレで盗撮行為をした場合には,軽犯罪法(第1条23号)により処罰されます。
 盗撮目的で,住居や店舗などに立ち入った場合には,住居侵入罪や建造物侵入罪で処罰されることもあります(刑法第130条前段)。

盗撮事件の罰則(法定刑)

 盗撮事件に関する罰則については,各都道府県によって異なります。

盗撮の罰則(条例違反の場合)都県別常習でない場合(単純)常習の場合
東京都
(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)
1年以下の懲役または100万円以下の罰金2年以下の懲役または100万円以下の罰金
神奈川県
(迷惑行為防止条例
1年以下の懲役または100万円以下の罰金2年以下の懲役または100万円以下の罰金
埼玉県
(迷惑行為防止条例)
6月以下の懲役または50万円以下の罰金1年以下の懲役または100万円以下の罰金
千葉県
(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)
6月以下の懲役または50万円以下の罰金1年以下の懲役または100万円以下の罰金

軽犯罪法違反の場合には,拘留(1日以上30日未満の拘留場への拘置)または科料(1,000円以上10,000円未満)となります。ただ,住居侵入罪が成立する場合には,3年以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

盗撮した場合,逮捕されるのか?

 盗撮については,痴漢や強制わいせつなどの他の性犯罪に比べて,軽く考えている人が多いように思います。しかし,盗撮行為を行っているところを被害者や目撃者に現認されれば,その場で現行犯逮捕されてしまうことが多いです。現行犯逮捕ということになれば,少なくともその日から数えて2,3日は警察署で拘束されてしまいますので,学生であれば学校に,会社員であれば会社に,逮捕されたことがばれてしまう可能性があります。
 また,盗撮事件の場合,その場は逃げ切って現行犯逮捕されない場合もあります。ただ,駅のエスカレーターなどで盗撮した場合,駅の防犯カメラや自動改札機の情報などから犯人が特定され,事件から時間が経って,通常逮捕されてしまうこともあります。どのくらいの期間が経過してから逮捕されるかは区々ですが,半年程度何の音沙汰がなくても,警察がいきなり逮捕しにくることはあります。

 逮捕されるかどうかについては,警察の事情や被害者・目撃者の事情なども絡んできますので,どういった場合に逮捕されるかということは一概に言えませんが,明らかに盗撮をしたと思われるようなケースで,盗撮の事実を否定してしまうと,逮捕される可能性は上がってしまいます。また,盗撮の前科や前歴がある場合も,逮捕の可能性は前科や前歴がない場合に比べて上がってしまいます。

盗撮で逮捕されたら,その後どうなるのか?

 盗撮をして逮捕されてしまった場合,その後に検察官が勾留請求(10日間の拘束を求めること)をすることになります。この勾留請求が認められてしまうと,勾留請求をした日から10日間,さらに警察署で拘束されることになります。また,事件の内容によっては,勾留延長を請求され,さらに10日間身体拘束が延びることもあります。
 このように,長期間の身体拘束となった場合,検察官の処分も重いものになるかというと必ずしもそうではありません。身体拘束に関する処分と刑事事件としての最終的な処分は別物になりますので,勾留延長が認められた事案で不起訴処分になることはあります。また,逆に身体拘束を一切されなくても,公判請求(裁判になる)されることもあります。

逮捕された場合の流れ

盗撮事件で逮捕された場合の流れをご説明しております。

警察による
逮捕

警察に逮捕されると,最大48時間の身体拘束がなされます。この間,警察署において取調べが行われ,自由が著しく制限されます。
⇒盗撮事件では,現行犯逮捕されることが多くあります。

検察庁へ身柄と事件を送致

警察から,被疑者の身柄と事件が検察庁に送致され,検察官による取調べが行われます。ここで,検察官は,被疑者を勾留請求するかどうか判断します。
⇒弁護士が付いて,意見書を提出すれば,釈放の可能性が上がります。

裁判官による勾留決定

検察官の勾留請求に対して,裁判官が勾留決定を行うと,10日間勾留となります。また,その後に,勾留延長の決定があると,もう10日間拘束されます。
⇒弁護士が付いて,意見書を提出すれば,釈放の可能性が上がります。

起訴又は不起訴の判断

検察官が被疑者の反省の態度,被害者との示談の有無,余罪の有無などを考慮し,起訴・不起訴の判断をします。
不起訴処分・処分保留・略式罰金処分になれば,被疑者は,釈放されます。

盗撮で逮捕されなかった場合,その後どうなるのか?

 事案としてそれほど悪質ではなく,犯人が盗撮の事実を認めている場合などには,盗撮をしても逮捕されないことがあります。ただ,その場合でも,事件を起こした日に警察署で取調べを受けることがほとんどです。また,その後に何回か警察署や検察庁に呼ばれ,取調べなどを受けることになります。
 逮捕されない場合,検察官の処分もないと勘違いしてしまう人がいますが,逮捕された場合と同様に検察官が何らかの処分を出します。そのため,検察官の処分が出るまでに,被害者との示談などが成立していないと,公判請求されたり,略式罰金処分を出されたりしてしまいます。

逮捕されなかった場合の流れ

盗撮事件で逮捕されなかった場合の流れをご説明しております。

警察からの出頭要請

警察に呼び出され,事情聴取が行われます。逮捕された場合と異なり,事情聴取の日程などは調整してもらえます。
⇒逮捕されない在宅事件では,警察での事情聴取(余罪関係など)がとても重要になります。

検察庁へ事件を送致

警察から,被疑者の事件が検察庁に送致されます。警察の取調べなどで足りない点があれば,検察官による取調べが行われます。
⇒送検される前に,被害者と示談できていた場合などは,意見書と共に示談書を提出します。

起訴又は不起訴の判断

検察官が被疑者の反省の態度,被害者との示談の有無,余罪の有無などを考慮し,起訴・不起訴の判断をします。
⇒弁護士が付いていれば,被疑者にとって有利な事情を記載した意見書を提出していきます。

盗撮事件で逮捕された場合の対応について

 まず,被疑者が盗撮事件で逮捕された場合には,すぐに弁護士に連絡し,警察署に接見に行ってもらうことが重要です。多くの場合,逮捕されてから数日間は,被疑者が検察庁や裁判所に行くため,弁護士以外の人間は被疑者と会うことができません。早い段階で,被疑者本人から話を聞いたり,被疑者に黙秘権や供述調書訂正権などの重要な権利を伝えたりすることはとても大事ですので,盗撮事件で逮捕されたらできるだけ早く弁護人を付けましょう。
 次に,
弁護士が正式に弁護人として付けば,警察や検察,裁判所に話をしたり,意見書を提出したりできるようになります。被疑者の逮捕後に,検察官が勾留請求し,これを裁判官が認めれば,最低でも勾留請求の日から10日間は身柄拘束を受けることになってしまいます。しかし,このような長期間身柄拘束を受けることになってしまえば,被疑者は会社を辞めさせられたり,学校を辞めさせられたりする可能性が出てきます。そのため,事件が検察庁に送られた段階で,弁護士は検察官に対して勾留請求の回避を求める意見書を提出し,被疑者を釈放させるように動いていきます。もっとも,この意見書はただ弁護士が作成したという点にのみ意味があるわけではなく,様々な証拠も一緒に添付されることによって大きな意味を持ちますので,できるだけ早い段階で弁護人が付くことが重要になります。また,もし検察官が勾留請求をしてきた場合であっても,今度は裁判官に宛てて弁護士が勾留請求の却下を求める意見書を提出し,被疑者の釈放に努めていきますので,検察官が勾留請求をしたとしても被疑者の釈放を諦める必要はありません。

 さらに,状況によっては,既に被疑者への勾留が認められた段階で,弁護人を付けることになってしまう場合もあると思います。そんな場合でも,釈放を認めるに足りる証拠が集まれば,裁判官の勾留決定に対して準抗告をするという形で被疑者の釈放を求めることもできますので,諦めずに弁護人を付けた方がいいでしょう。
被害者のいる事案では,被害者との示談ができれば,被疑者を釈放してくれるケースも多く,弁護人を早急につけて,被害者との示談交渉を積極的に進めることも大事です。

その他のメニュー

刑事事件における示談について説明しております。

「被疑者を釈放させてほしい」との依頼内容について解説しております。

盗撮に関する刑事弁護について解説しております。

無料法律相談はこちら

お気軽にお問合せください

無料法律相談はこちら(初回のみ無料です。)

0120-135-165

相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 このページは盗撮と逮捕との関係に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【刑事事件】に特化した法律事務所です。刑事事件に精通した弁護士が,痴漢,盗撮,窃盗などあらゆる犯罪を全力で弁護したします。御家族が逮捕された方,被害者と示談したい方はすぐに無料電話相談を!

 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料法律相談はこちら

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
(申し訳ありませんが,被害者側の御相談は対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!