刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(月~金),8:30~18:00(土)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)


※被害者側の御相談や非通知での御相談には対応しておりません。

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

令和3年の主な解決実績

 こちらでは,令和3年に当事務所の弁護士が解決した事件の一部,お客様の声の一部を紹介しております(お客様の声については,個人情報の関係であえて抽象的な表現に変更させていただいているものもあります)。
 渋谷青山刑事法律事務所では,お客様の要望する結果を実現すべく,弁護士が被疑者・被告人のために誠心誠意弁護活動を行います。

令和3年の主な解決実績,お客様の声

捜査段階終結事案
(起訴されなかった事案)

 被疑者がホテル内において被害者とされる女性に対して暴行を働き,性行為を行ったとして,警察に逮捕・勾留された強制性交等被疑事件。

 本件は,逮捕当初から,被疑者は性行為をしたことは認めていたものの,①暴行や脅迫はなかったこと,②強制性交等罪の故意はなかったことを主張し,犯罪事実を争っていました。そのため,弁護士は,被疑者に対して,取調べにおいて重要なポイントを説明し,被疑者の主張において有利な部分をしっかりと警察や検察に説明するようにアドバイスしました。また,弁護士が事件現場に赴き,被疑者の主張を客観的に裏付ける証拠を確認しに行きました。
 本件では,相手と性行為をしたことには争いがなかったため,これらの弁護活動と並行して,弁護士は被害者とされる女性との示談交渉も進めていきました。本件は起訴された場合,実刑判決も覚悟しなければならない事案でしたが,度重なる示談交渉の結果,勾留満期直前に,被害者代理人弁護士との間で示談書を取り交わすことができました。
 本件では,被疑者の主張が一定の説得力を持ち,被害者との間で示談もできていたことなどから,検察官は,被疑者を起訴することなく,不起訴処分としました。

 被疑者が18歳未満の女子児童にお金を払うことを約束してわいせつな行為をしたとして,児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反で警察に検挙された事件。被疑者は,検挙された当初から,相手が18歳未満だと知らなかったこと及びお金を払う約束をしていなかったことを主張し,犯罪事実を争っていました。
 本件では,警察の捜査開始後すぐに,当事務所の弁護士が弁護人として付き,被疑者に対して,取調べのアドバイスをしていきました。弁護士は,警察の取調べで強調して伝えるべきことや被疑者の主張を補強する証拠について伝え,被疑者は取調べにおいてこれらの点を意識しながら臨みました。事件が警察から検察に送られてからは,弁護士が検察官に対して被疑者に犯罪が成立しないことを記載した意見書を送り,被疑者を不起訴処分にするよう求めました。その結果,検察官は,弁護士の主張を聞き入れ,被疑者に対して不起訴処分(犯罪の嫌疑が十分ではないことを理由としたもの)を言い渡しました。
 これにより,被疑者には前科も付かず,職を失うこともありませんでした。

児童買春事件の被疑者の声

丁寧に説明してもらい,安心できました。

 弁護を引き受けてくださりありがとうございました。
良かった点ですが,初回相談をさせていただいた際にまず,概要を話した後,自分の今の状況と今後の方向性についてその場で指し示していただけた事が良かったです。また,警察,検察との聴取におけるポイントや心構えなどを丁寧に説明いただけた事が,非常に安心感がありました。
 今回不起訴となり,普段通り日常生活が送れることに非常にありがたさを感じております。これも今回ご担当していただいた二宮先生の弁護とアドバイスがあったおかげです。この度はありがとうございました。

 被疑者が右折した際に原動機付自転車と接触し,原付に乗っていた被害者に怪我を負わせた過失運転致傷被疑事件で,被疑者は事件直後から過失がなかったとして,犯罪事実を争っていました。
 本件では,警察の捜査開始後すぐに,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。弁護士は,被疑者の車に搭載されたドライブレコーダーの映像などから,被疑者に過失(注意義務違反)はないと考え,被疑者に対して,取調べにおいて注意すべき点をアドバイスしていきました。また,事件が警察から検察に送られてからは,弁護士が検察官に対して被疑者に犯罪が成立しない(過失が認められない)ことを記載した意見書を送り,被疑者を不起訴処分にするように求めました。その結果,検察官は,被疑者側の主張を聞き入れて,被疑者に対して不起訴処分(犯罪の嫌疑が十分ではないことを理由としたもの)を言い渡しました。

 被疑者が共犯者と共謀して偽の携帯電話契約書を作成し,それを警察に対して提出したとして,有印私文書偽造,同行使,有印公文書偽造,同行使罪に問われた事件で,被疑者は逮捕直後から犯罪の故意も共謀もなかったとして,犯罪事実を争っていきました。
 本件では,被疑者が逮捕された直後に,当事務所の弁護士が弁護人として付き,被疑者にアドバイスしていきました。被疑者は,同様の犯罪で3回逮捕・勾留されましたが,すべての事件で否認を貫き通しました。そして,弁護士も被疑者に対して自分の認識をしっかり伝え,共謀や故意がないことをアピールするようにアドバイスしました。
 また,被疑者の身体拘束期間が長引いていたため,弁護士は検察官や裁判官に対して,意見書等を提出するなどして,被疑者を早期に釈放するように,再三再四求めていきました。
 その結果,被疑者は共犯者よりも早期に釈放され,最終的に,検察官は被疑者側の主張を聞き入れて,被疑者に対して嫌疑不十分を理由とした不起訴処分(犯罪の嫌疑が十分ではないことを理由としたもの)を言い渡しました。

 被疑者が共犯者と共謀して,市から多額の助成金を騙し取ったという内容で,詐欺罪に問われ,逮捕・勾留された事件で,被疑者は逮捕直後から犯罪の故意も共謀もなかったとして,犯罪事実を争っていきました。
 本件では,被疑者が逮捕された後に,当事務所の弁護士が弁護人として付き,被疑者に対して,取調べにおけるアドバイスなどをしていきました。弁護士は,被疑者と頻繁に接見を行い,捜査機関が被疑者に対してどのような疑いを持っているのかをチェックしていきました。そして,弁護士は,被疑者との接見の中で,被疑者には詐欺罪の故意がなかったこと,共謀がなかったことを裏付ける具体的事実を確認し,取調べにおいてそのような事実をしっかりと被疑者が捜査機関に話すように指導しました。
 本件は被害金額も大きかったため,ニュース報道もなされ,起訴されれば実刑判決になる可能性も高い事件でしたが,
最終的に,検察官は被疑者側の主張を聞き入れて,被疑者に対して嫌疑不十分を理由とした不起訴処分(証拠上,犯罪の嫌疑が十分ではないことを理由としたもの)を言い渡しました。

 被疑者が共犯者と共に被害店舗において性的な行為を行った公然わいせつ被疑事件。

 本件では,警察の事情聴取の後に,当事務所の弁護士が弁護人に付きました。弁護士は被害店舗に出向き,担当者の方と面会しました。その際に,弁護士は謝罪文を手渡した上で,被疑者の反省の様子などを説明していきました。担当者の方からは,示談書を取り交わすことはできないが,被疑者の反省は評価すると伝えられました。また,被疑者は示談ができなかったため,罪を償う意思を示すため,贖罪寄付を行いました。さらに,被疑者は精神的なストレスなどもあり本件行為を行っていたので,弁護士がクリニックに通院することをアドバイスし,被疑者はアドバイスに従って,クリニックに通院しました。
 このような被疑者の活動を,弁護士が意見書にまとめ,検察官に提出したところ,検察官は被疑者の再犯可能性がないことや十分に反省していることなどを評価し,被疑者を不起訴処分(起訴猶予)にしました。
 被疑者は公務員であったため,起訴されれば,懲戒処分が下される可能性がありましたが,本件では不起訴処分であったこともあり,懲戒処分は下されませんでした。

公然わいせつ事件の被疑者の声

先生の顔に泥を塗らないよう,更生します。

 今回,先生のお力により,不起訴処分となったことは,感謝の言葉に筆を尽くしません。本当にありがとうございました。
 今後,過ちの反省のもと,真摯に社会生活に臨むための重要な機転となりました。先生のお顔に泥を塗らぬよう,自らをきちんと律していく所存です。期間中は,不安事項についても的確なお言葉をいただき,仕事にもしっかりと臨めました。また,機会ごとに警察や検察に状況の確認をいただき,ご連絡いただいたことは,落ち込む気持ちをしっかり保たせる良い作用になった事と思います。
 重ねてにはなりますが,本当にありがとうございました。

 被疑者が路上において女子高生をスマホで盗撮した公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反被疑事件。

 本件で,被疑者は事件現場で現行犯逮捕されましたが,勾留請求されずに釈放されました。弁護士は,被疑者の釈放後,検察に対して被害者が特定されているか確認をしましたが,本件では被害者はその場から立ち去っており,最終的に被害者を特定することができませんでした。そのため,被害者と示談することはできませんでしたが,弁護士は被疑者と話し合い,贖罪寄付の手続を進めていきました。また,被疑者は精神的なストレスから盗撮行為を行っていたので,弁護士が専門のクリニックに通院することをアドバイスし,被疑者はアドバイスに従って,クリニックに通い始めました。
 このような被疑者の活動を,弁護士が意見書にまとめ,検察官に提出したところ,検察官は被疑者の再犯可能性が低くなっていることなどを評価し,被疑者を不起訴処分(起訴猶予)にしました。

盗撮前科のある被疑者がホテル内において被害者をカメラで盗撮した公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反被疑事件。

 本件で,被疑者は警察の事情聴取後に,当事務所を訪れ,当事務所の弁護士が弁護人となりました。本件では,被害者が示談に難色を示していたため,すぐに示談書を取り交わすことはできませんでした。しかし,弁護士が被害者及び被害者代理人と粘り強く交渉して,被疑者の反省を伝えた結果,最終的に被害者は示談してくれました。
 弁護士は,示談成立後,検事に対して示談が成立したことや被疑者が再犯防止のために専門クリニックに通院していることなどを伝え,被疑者を不起訴処分にするように求めました。その結果,被疑者には盗撮前科がありましたが,
検察官は,被疑者を不起訴処分(起訴猶予)にしました。
 これにより,被疑者は懲戒処分により,仕事を失わずにすみました。

迷惑行為防止条例違反事件の被疑者の声

的確なアドバイスをいただけました。

 先生から極めて的確なアドバイスをいただき,「先生の言われる通りに従っていれば大丈夫」との思いを強く持ちました。こちらからメールで質問する内容には全て当日又は翌日のうちに返答いただき,不安な事項や不明な点を11つクリアしていけたように思います。
 ありがとうございました。

 被疑者がホテル内で未成年の被害者に対して,その意思に反して性交をしたとして検挙された強制性交等被疑事件。

 本件は,法律相談時に逮捕こそされていなかったものの,強制性交等罪という重大犯罪であり,示談が成立せずに起訴されれば長期の実刑を免れない犯罪であるため,状況としては厳しいものでした。また,重大犯罪であるため,被疑者はすぐに逮捕されてもおかしくない状況でした。
弁護士
は,すぐに被害者の親権者に連絡を取って,示談交渉に取り掛かりました。弁護人は,被害者の親権者に,被疑者と被疑者の家族からの謝罪の言葉を伝えた上で,本件のような行動に及んでしまった原因を現在被疑者家族で懸命に分析し,二度とこのようなことをしないために,専門病院に通うなどしていることを伝えました。被害者の親権者からは,被疑者と被疑者の家族の行動から誠意は伝わったと言っていただきました。そして,今後被害者に接触しないことを条件に,示談を受け入れていただき,また同時に被害届も取り下げていただきました。
検察官は,被害届を取り下げた被害者と被害者家族の意向を重視し,本件を不起訴処分(起訴猶予)としたため,被疑者には前科がつかずに本件は終了しました。

 被疑者が未成年と同意の上で性交渉をしたとして青少年健全育成条例違反で検挙された事件。被疑者は1年前にも同様の犯罪を犯し,略式罰金処分を受けており,今回は同じ犯罪での2度目の検挙でしたので,公判請求などの厳しい処分が予想される状況でした。

 当事務所の弁護士(弁護人)は,被害者の親権者との示談交渉に取り掛かりました。被害者の親権者には,弁護人から,被疑者の反省の様子や,再犯防止に向けて家族の監視の下で,医療機関に通っていることなどを具体的に伝えました。その結果,被害者の親権者は,再犯さえしなければ被疑者に厳罰を求めるつもりはないとして,示談に応じてくれました。
検察官は,示談が成立し被害者が被疑者を許していること,被疑者が真摯に反省し家族の協力も得ながら再犯防止策を具体的に考えて実行していること,特に前回は行わなかった医療機関での治療などを継続的に行っていることなどを総合的に評価し,再犯であるにもかかわらず,異例の不起訴処分(起訴猶予)としました。

青少年健全育成条例違反事件の被疑者の声

不起訴処分にしてくれて,ありがとうございました。

 私は,同じような事件を2回起こしているのに,今回不起訴処分にしてもらいました。1回目の時は国選弁護人でなんにもしてくれなくて,罰金刑を受けてしまいました。2回目はホームページで被害者が未成年の犯罪を多く扱っている弁護士事務所を選びました。被害者の親御さんと和解交渉をやってもらいました。検事との話合いの時に,何を話したらいいのか,詳しく教えてくれました。
 不起訴処分にしていただいてありがとうございました。

 被疑者が職場において同僚の財布から現金を盗んだとして後日に逮捕された窃盗被疑事件。

 弁護士は,弁護人に選任された直後に,勾留を回避するため,警察署で被疑者と面会をしました。そこで,弁護士は被疑者に対して,今後同僚に近づいたり連絡を取ったりしないことを誓約させました。また,弁護士は,遠方にある実家の両親や兄弟とも密に連絡を取り,釈放の際には警察署まで家族が被疑者を迎えに行き,その後速やかに実家まで連れて帰り,実家で被疑者を監視監督することを誓約させました。そして,それらを書面にまとめ,勾留請求却下を求める意見書を裁判所に提出しました。裁判所は,家族の協力により,被疑者が被害者と接触することが事実上なくなったことを評価し,検察官の勾留請求を却下した上で,被疑者を釈放しました。
 弁護士
は,被害者との示談交渉にもすぐに取り掛かりました。被害者は,被疑者が弁護人を通じて謝罪を行い,反省もしていること,被疑者の家族が被疑者を実家まで連れ帰り今後家族のもとできちんと指導をしていくこと,相当額の示談金を準備して誠意を見せたことなどを評価し,起訴される前に被害者との示談が成立しました。その結果,被疑者は不起訴処分(起訴猶予)になりました。

 被疑者が路上で被害者から鞄を奪って逃走した強盗事件で,当事務所の弁護士が被疑者の逮捕直後に弁護人に付きました。
 被疑者は,事件当時の記憶がなかったため,弁護士は担当検察官に連絡し,事件の状況等を確認していきました。その上で,被疑者が被害者のカバンを奪って逃走したことに間違いはないと考え,被害者との示談交渉を行っていきました。弁護士は被害者と何度も連絡を取り,最終的に被害者から宥恕文言(被疑者を赦す旨の文言)の付いた示談書を受け取ることができました。
 その後,弁護士は検察官に対して,被害者と示談が成立していることや本件では強盗罪ではなく他の罪名になる可能性もあることなどを指摘し,早期に被疑者を釈放し,不起訴処分にするよう求めていきました。その結果,検察官は罪名を強盗罪から窃盗罪・暴行罪に変更した上で,被疑者を釈放し,不起訴処分(起訴猶予)にしました。

 被疑者が,インターネットの掲示板上に,女性のわいせつな写真をアップロードして,不特定多数の者が見られる状態にした,わいせつ物頒布電磁的記録媒体等頒布等罪被疑事件。

 被疑者は,弊所の法律相談を受け,警察に自首したいとの意思を固めました。その意思に従い,弁護士は被疑者と共に管轄の警察に赴き,犯行状況,犯行動機など,全て正直に話させました。本件は,捜査機関が写真の女性を特定しようと捜査しましたが,結局特定することはできず,弁護人も示談交渉をすることができませんでした。
検察官は,事件が未だ明るみになっていない時点で自首してきたこと,犯行状況等全て包み隠さず捜査機関に話し真摯に反省していること,本件に及んだ動機や原因を分析し再犯防止のために病院に通うなど適切な対策を講じていることなどを評価し,今回に限り示談が成立していないにもかかわらず,不起訴処分(起訴猶予)とし,被疑者には前科がつかず事件は終了しました。

わいせつ物頒布電磁的記録媒体等頒布等罪事件の被疑者の声

心のケアもしてもらえました。

 有原先生,本当にありがとうございました。
 今回,不起訴処分になりましたこと,いろいろと日々の過ごし方などお力を貸していただきありがとうございました。適宜のアドバイスがとても安心できました。やはり,心のケアをして下さりながら,弁護活動へのアドバイスが今日とても心強く感じました。また妻へにも,アドバイスなど声掛けいただき,家族の結束もでき,本当にありがとうございました。

起訴事案
(裁判となった事案)

 被告人が深夜路上で見ず知らずの被害者に自転車で近づき,わいせつな行為を行うということを短期間で2回行い強制わいせつ罪2件で逮捕・勾留され,起訴された事案。

 本件で,当事務所の弁護士はそれぞれの事件の被害者との示談交渉を最優先で進めていきました。両被害者ともに,当初は被告人に対する処罰感情が強い状況でしたが,弁護士が粘り強く交渉して,両被害者ともに示談をすることができました。また,弁護士は被害者との示談交渉と並行して,被告人の再犯防止のために,専門のクリニックに通うことを提案しました。被告人は,自己の性的嗜好に問題があると考えていたため,保釈が認められて,社会復帰してからは性障害の専門クリニックに通院していきました。
 裁判では,被告人がそれぞれの被害者と示談していることや再犯防止のための具体的な行動を行っていること,被告人の両親が指導監督を行っていることなどが評価され,裁判所は被告人に対して執行猶予付きの判決(懲役2年,執行猶予3年)を言い渡しました。

 被告人が路上において2件の強制わいせつ事件を起こしていた事案。

 被告人の家族が当事務所に訪れた時点で,被告人には別の弁護人が付いていましたが,その弁護人と被害者との示談がうまくいかず,被告人は強制わいせつ罪で起訴されてしまいました(1件目)。その後,被告人は別件の強制わいせつ事件で再逮捕されてしまった(2件目)ことから,被告人の家族が弁護人を変えることを決意し,当事務所の弁護士が弁護人として新しく付きました。
 本件は,
既に強制わいせつ罪1件が起訴されている状態であったため,2件目の起訴を防がないと,被告人に実刑判決が下される可能性が非常に高い状況でした。弁護士は,すぐに再逮捕された2件目の被害者と示談交渉をスタートさせていきました。弁護人を変更したため,勾留満期までの時間はわずかしかありませんでしたが,弁護人は手際よく交渉し,被害者にも事情を話した上でご協力いただき,勾留満期の直前で示談が成立させ,それに伴い,被害届も取り下げていただきました。検察官は2件目についても起訴する準備を整えていましたが,満期直前で被害届を取り下げた被害者の意思を尊重し,土壇場で2件目については不起訴処分(起訴猶予)にしました。
 弁護士
は,2件目を不起訴処分にした後に,起訴された1件目の事件に関する保釈請求を行い,被告人の保釈が認められました。弁護人は,被告人に対し,保釈中に強制わいせつをしてしまった原因分析と治療のために専門病院に行くよう指導し,治療を開始させました。また,被告人が一人暮らしをしていたマンションを解約させ,実家に戻らせ,被告人の家族による監視監督体制を整えました。また,弁護人は1件目の被害者にも連絡を取りました。1件目の被害者は,被告人のことを許すことはできないとし示談を受け入れていただくことはできませんでしたが,被告人の反省の様子や監視監督体制を伝えた上で謝罪をすることはできました。
裁判では,被告人が真摯に反省していること,専門病院で原因を分析した上で治療を行っていること,家族による監視監督体制が整っていることなどが評価され,執行猶予判決となり,被告人は服役を免れました。

覚醒剤取締法違反の前科がある被告人が乾燥大麻を持っていたとして,警察に逮捕・勾留され,大麻取締法違反(所持)で起訴された事件。

 弁護士は被告人が逮捕された直後から弁護人として付きました。本件では,被告人に覚醒剤の前科がある上に,大麻使用期間も長かったため,実刑判決の可能性がある事件でした。そのため,捜査段階から,弁護士は被告人に対して,大麻との縁を切ること,その一環として,現在の仕事を辞めることなどをアドバイスしていきました。
 起訴後,弁護士はすぐに保釈請求し,被告人を保釈させました。保釈期間中,被告人は薬物に依存していることを反省し,薬物依存症の専門医療機関で治療を受けるようになりました。また,家族も今回のことを重く受け止め,被告人の監督体制を強化していきました。
 裁判では,これらの事情と共に,被告人の大麻所持量が少量であったことや被告人が真摯に反省していることなどを弁護士が主張した結果,裁判所は被告人に対して執行猶予の付いた判決を言い渡しました。

その他のメニュー

解決実績

弊所の解決実績・お客様の声について紹介しております。

平成31年解決実績

弊所の平成31年・令和元年の解決実績・お客様の声について紹介しております。

令和2年の解決実績

弊所の令和2年の解決実績・お客様の声について紹介しております。

無料法律相談はこちら

無料法律相談

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
被害者側の御相談や非通知での御相談には対応しておりません。

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,事務所が東京都渋谷区にあるため,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

二宮英人-代表弁護士

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!

メディア掲載実績・
講演実績

2020年10月2日

・二宮英人弁護士が亜細亜大学で刑事事件に関する講義を行いました。

2020年2月3日

・有原大介弁護士がテレビ朝日で麻薬取締法違反事件についてコメント・解説しました。

2020年1月27日

・有原大介弁護士がTBSで不法投棄の問題についてコメント・解説しました。