刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

盗撮ハンターへの対応
(盗撮ハンターの被害にあった際の対処法)

こちらでは,盗撮ハンターへの対応について解説しております。

盗撮ハンターとは

 昨今,スマホなどを使って盗撮する人が増えていますが,それと同時に盗撮ハンターと呼ばれる人も増えています。この盗撮ハンターとは,盗撮犯を見つけ,その盗撮犯からお金を巻き上げる人たちのことを言います。
 盗撮ハンターは,渋谷・新宿・池袋などの大きなターミナル駅で盗撮犯を待ち伏せしています。そして。彼らは盗撮している人を見つけたら,近くにやってきて,「お前がやっていたことを見ていたぞ。」,「俺はさっきの被害者の友達だ。」,「これから警察に行こう」などと言い,盗撮犯を人気のないところに連れて行きます。そうやって,周囲の目がない所に連れて行った上で,示談金と称して盗撮犯にお金を請求してくるのです。当然のことですが,彼らにはお金を請求する権限などは一切ありません。
 盗撮してしまった人たちは自分に負い目があるので,盗撮ハンターの言うがままに行動してしまいます。盗撮ハンターに免許証などの身分証を提示するように求められたら,それを提示してしまうのは勿論のこと,銀行のATMでお金を下ろすように指示され,その場で現金を渡してしまうこともよくあります。ただ,このように盗撮ハンターの言うがままに行動してしまった場合,お金を盗撮ハンターに取られた上に,被害者との示談などは一切できていない状況にあるため,後日盗撮事件として刑事事件化されてしまう可能性もあります。

<盗撮ハンターを見極めるためのポイント>
 下記のような行動があったら,盗撮ハンターではないかと疑う必要があります。

・被害者の関係者であると言っているが,被害者が目の前に現れない
・駅事務室や警察署ではなく,すぐに人気のない所に連れて行こうとする
・免許証や社員証,保険証などの身分証明書のコピーを取ろうとする
・警察に行くという話は出るが,実際にはなかなか行こうとしない
・「今なら示談で許してやる」などと言い,その場でお金を払わせようとする
・携帯電話の番号を教えたところ,しつこく電話がかかってくる

盗撮ハンターの行為は犯罪になるのか

 上でも述べたように,盗撮ハンターには盗撮犯にお金を請求する権利はありません。そのため,盗撮ハンターがあたかも被害者の関係者を装い,盗撮犯からお金を取った場合には詐欺罪が成立することになります。
 また,盗撮ハンターが盗撮犯に対して,「警察に盗撮被害を訴える。」などと言って脅したり,集団で囲んで暴力を振るったりして,お金を奪った場合には恐喝罪などが成立することになります。
 たとえ被害者が盗撮行為をしてしまっていても,警察に被害を申告すれば,盗撮ハンターは詐欺罪や恐喝罪の被疑者として検挙されることになります。実際,示談金を要求しようとした盗撮ハンター2人組が警視庁によって恐喝未遂で逮捕されたという事件がニュースでも報道されています。この事件では,お金を要求された被害者が警察に被害申告をして,事件が発覚しています。

詐欺罪について詳しく知るにはこちら

盗撮ハンターの出没しやすい場所

 盗撮ハンターの出没しやすい場所は,どこか。簡単に言えば,盗撮犯がいそうな場所です。そして,すぐに盗撮犯からお金が取れそうな場所ということになります。こういったことから考えると,大きなターミナル駅やショッピングモールなどに盗撮ハンターが出没する可能性が高いと言えます。このような場所は,盗撮しやすいスポットがいくつかあり,盗撮犯がいる可能性が高い上に,近くに銀行やコンビニなどがあって,盗撮犯にお金を下ろさせることができるからです。
 実際,東京ですと,新宿駅や池袋駅などで盗撮ハンターの被害にあったという相談をよく受けます。神奈川ですと,横浜駅や川崎駅で被害を受けたという相談を受けたことがあります。

盗撮ハンターから逃れる方法

 盗撮ハンターに捕まらないようにするためには,盗撮をしないことが一番ですが,出来心で盗撮してしまった場合,どうすればいいでしょうか。
 まず,盗撮ハンターにお金などを一切払っていない状況では,その場で絶対にお金などを払わないということが重要でしょう。盗撮ハンターの目的は,盗撮犯からお金を取ることです。そのため,いろんな理由をつけてお金を取ろうとしてきます。また,盗撮ハンターとしては,犯行現場でお金が取れないと,自分達が警察に捕まる可能性が高くなってしまうので,その場でお金を渡すように要求してきます。このような盗撮ハンターの狙い通りに行動してしまえば,後からお金を返してもらうことなどは難しくなってしまいます。そのため,もし盗撮ハンターに見つかってしまったら,何とかしてその場から逃げることが重要です。
 次に,盗撮ハンターにお金を支払ってしまった場合ですが,上でも述べたように,そのお金を取り返すのはなかなか難しくなります。ただ,盗撮ハンターによっては,調子に乗って,その後も連絡を取ってくる者もいますので,その際には弁護士に状況を相談し,しかるべき措置を取ってもらうのがいいでしょう。

警察に相談した場合,その後どうなるのか?

 盗撮ハンターからお金を巻き上げられそうになった時,自分から警察に相談に行くという方法があります。では,そのような方法を取った場合,どうなるのでしょうか。
 まず,盗撮ハンターからの被害の点についてはいい方向に進むでしょう。何度も述べているように,盗撮ハンターがやっている行為は犯罪行為なので,盗撮ハンターとしては盗撮犯が警察に自ら相談に行くという事態になれば,お金を巻き上げることを諦めるでしょう。
 ただ,警察に相談に行くことになれば,自分の盗撮という犯罪も警察に伝えることになってしまいます。この盗撮事件についてはどうなるのでしょうか。こういった場合に,「必ずこうなる」ということは決まっていませんが,警察が普通に刑事事件として捜査を進めていく可能性は十分あります。そのため,警察に対して事情を説明するという段階では,弁護士と相談した上で行動した方がいいでしょう。盗撮したことを自ら警察に告げたという事実や盗撮ハンターについて情報提供をしたという事実は自らの盗撮事件の処分でもいい方向にに影響しますので,弁護士が弁護人として付いていれば,被害者との示談交渉などは勿論のこと,そういったプラスの事情を検事に適切に伝えていくということもできます。

刑事事件の弁護を依頼するなら,刑事事件に強い弁護士に相談を!

 自分や家族が刑事事件に巻き込まれた際に,「どんな弁護士に相談・依頼するか」ということは,非常に頭を悩ませる問題だと思います。
 刑事事件は,民事事件と異なる部分が多く,手続も異なるため,普段から刑事事件を取り扱っていない弁護士に相談・依頼するのはリスクがあるでしょう。そのため,刑事事件に関して相談・依頼する際には,刑事弁護の経験が豊富な弁護士,刑事事件に強い弁護士を弁護人に付けることをお勧めします。
 刑事弁護の経験が豊富にある刑事事件に強い弁護士に相談すれば,早い段階で弁護方針が固まり,その先のやるべきことが見えてきます。そうすることによって,安心感が得られ,適切な行動が取れるようになります。そして,警察・検察の処分や裁判所の判決などを有利な方向に導く可能性が上がることになります(逮捕の回避,勾留の阻止,保釈許可,不起訴処分,執行猶予判決など)。
 渋谷青山刑事法律事務所は,刑事事件の弁護に特化した弁護士事務所であり,刑事事件の相談実績,解決実績が豊富にあります。刑事事件に巻き込まれた場合には,ぜひ渋谷青山刑事法律事務所に御相談ください。

その他のメニュー

示談

刑事事件における示談について説明しております。

職場に知られたくない

「事件を職場に知られたくない」との依頼内容について解説しております。

盗撮弁護

盗撮に関する刑事弁護について解説しております。

 このページは盗撮ハンターへの対応を解説したページです。

 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【刑事事件】に特化した法律事務所です。刑事事件に精通した弁護士が,痴漢盗撮窃盗覚せい剤傷害などあらゆる犯罪を全力で弁護いたします。御家族が逮捕された方,被害者と示談したい方はすぐに無料電話相談を!

 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料法律相談はこちら

無料法律相談

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
(申し訳ありませんが,被害者側の御相談は対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,事務所が東京都渋谷区にあるため,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

代表弁護士

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!

メディア掲載実績・
講演実績

2019年7月1日

・二宮英人弁護士がTBS「あさチャン!」で往来妨害事件についてコメントしました。

2019年4月15日

・岡本裕明弁護士が日本テレビ「スクール革命!」の法律監修をしました。

2019年3月25日

・二宮英人弁護士のコメント・解説が週刊プレイボーイの記事で掲載されました。