刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

【痴漢事件における示談】
示談交渉の流れ等について弁護士が解説

こちらでは,痴漢事件における示談について解説しております。

示談とは

 何かトラブルがあった際に,「示談」という言葉を聞くことがあると思います。この示談とは,当事者間で紛争がある場合に,その紛争を話し合いで解決することをいいます。刑事事件でも民事事件でも,当事者間で示談を行なうことがありますが,刑事事件においては,被害者との間で示談が成立することによって,被疑者・被告人の刑事処分に影響を与えることになります。
 示談の際には,慰謝料などの損害賠償に関する話のほか,当事者間で定める誓約事項などについて取り決めをしていくことになります。

痴漢事件における示談

 痴漢事件で示談することによる,被疑者・被告人側,被害者側のメリットについて説明します。

痴漢事件で示談するメリット(被疑者・被告人側)

 被疑者・被告人が痴漢事件を起こし,それを認めている場合には,被害者との示談は重要な意味を持ちます。もし,検察官が処分を決める前であれば,被害者との示談によって,被疑者が不起訴処分(前科が付かない処分)になる可能性が上がります。また,検察官が公判請求(起訴)した後であっても,被害者との示談によって,判決内容が軽くなる可能性が高くなります(例:実刑判決が予想された事案で,執行猶予判決になるなど)。その他にも,被疑者が逮捕・勾留されている場合に,被害者と示談したことによって,被疑者が釈放されるというメリットもあります。
 刑事事件の関係で,被害者との示談が成立すれば,民事上の損害賠償請求もされなくなるので,刑事・民事両方の問題が一挙に解決できます。

痴漢事件で示談するメリット(被害者側)

 痴漢事件で示談することは,被害者にとってもメリットがあります。痴漢の被害にあった場合,被害者は不法行為に基づく損害賠償請求を被疑者・被告人にすることができますが,実際に金銭を受け取るためには,弁護士に頼んで裁判をするなどしなければなりません。しかし,被害者が被疑者・被告人の弁護人と面会して示談をすれば,示談書に記載されている示談金を面倒な手続を経ずに受け取ることができます。
 また,示談の際には,示談書を作成することになりますが,示談書の中には誓約事項なども記載することになります。この誓約事項の中に,被害者として要望したいこと(例:犯行現場に近づかないでほしい,二度と痴漢しないでほしい,など)を入れることで,被疑者・被告人の行動を制限し,被害者側の生活の安全を守ることができます。

痴漢事件の示談交渉の流れ

 痴漢事件においては,被疑者・被告人と被害者が直接示談交渉するということは基本的にありません。そのため,弁護士が被疑者の弁護人となり,被害者と示談交渉をしていくことになります。
 弁護士は,まず警察や検察に連絡し,被害者の連絡先を弁護士に教示してほしい旨を打診します。警察や検察は,弁護士から上記のような要請があったことを被害者に伝え,被害者が承諾すれば,警察や検察から被害者の連絡先が弁護士に伝えられます。その後,弁護士が被害者と連絡を取り,示談交渉をスタートさせていきます。

 示談交渉の際には,示談金の話が出てきます。被疑者・被告人,被害者とも示談金には強い関心があると思いますが,示談金はどの事案でいくらと決まっているわけではありません。そのため,事案に応じて,弁護士が被害者に対して示談金を提示することになります。弁護士によって,提示する示談金の根拠は異なると思いますが,基本的には被疑者・被告人の経済力や民事訴訟における損害賠償額,当該事件の罰金額などを考慮することになります。

 弁護士が被害者と示談交渉を行い,被害者との間で合意できれば,示談書を作成していきます。この示談書を作成しておかないと,後々トラブルになってしまう可能性がありますので,きちんとした示談書を作成する必要があります。この示談書の作成後に,弁護士は被害者に対して示談金を支払うことになります(示談金の支払方法は,事務所の預り金口座からの振込みになることが多いように思います)。
 被害者との間で示談書を取り交わした場合,弁護士は示談書の写しを警察や検察に提出することになります。そして,警察や検察に,本件を検事事件化しないように求めたり,不起訴処分にするよう求めたりします。

痴漢事件における示談の解決実績

痴漢事件における示談の解決実績

 被疑者が電車内において女子高生のスカートの中に手を入れ,下着の上から陰部を触ったことにより,公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢)で警視庁に逮捕・勾留された事件において,被疑者に勾留決定が出た後に,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。
 弁護士は,受任した直後に,担当検事に対して被害者の連絡先を弁護士に伝えるように要請し,被害者の連絡先を検事より教示された後すぐに,被害者側と連絡を取って行きました。そして,弁護士は被害者の父親と数回面会して,被疑者の反省の気持ちを伝え,再犯防止策を提示して,被害者の父親と示談交渉を行っていきました。被害者の父親は,弁護士の話から,被疑者の反省の気持ちや被疑者の再犯可能性の低さを認め,弁護士との間で示談書を取り交わしてくれました。
それに伴い,弁護士が検察官に対して,すぐさま被害者との示談が成立したことを報告した結果,検察官(東京地方検察庁)は,処分保留で被疑者を釈放しました。その後,弁護士は不起訴処分を求める意見書を検察官に提出しました。そして,検察官は,弁護士の意見を聞き入れ,被疑者を不起訴処分(起訴猶予)としました。

 この事件では,被疑者が逮捕・勾留されたことを勤務先は把握していましたが,弁護士が勤務先と交渉し,最終的に被疑者は勤務先を辞めずにすみました。

痴漢事件における示談の解決実績

 被疑者が電車内において未成年の被害者の臀部を触った,公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢)事件。
 本件で,被疑者は警視庁に現行犯逮捕されましたが,逮捕直後に弁護士が弁護人として付き,弁護士が検察官に対して勾留請求の回避を求める意見書を提出した結果,被疑者は無事に釈放されました。その後,弁護士は検察官から被害者の保護者の連絡先を聞き,被害者側との示談交渉を進めていきました。本件では,痴漢行為の態様や被害者の恐怖心などから,被害者の保護者は被疑者と示談することに難色を示していましたが,弁護士が被疑者の反省の状況を伝えると共に,被疑者が被害者と二度と接触しないための方策を提示したところ,被害者は被疑者と示談してくれました。
 その後,弁護士は検察官に対して示談書と共に不起訴処分を求める意見書を提出していきました。その結果,検察官(東京地方検察庁)は弁護士の意見を聞きいれ,被疑者を不起訴処分(起訴猶予)としました。

痴漢事件における示談の解決実績

 同種の前科を有する被疑者が電車内で女性の胸を直接触るなどの痴漢行為を行ったことにより,強制わいせつ容疑で警視庁に逮捕・勾留された事件において,弁護士が検察官が処分を下す前に被害者と直接面会し,示談交渉を行っていきました。被害者は,当初難色を示していましたが,被疑者の家族も被疑者の再犯防止のために具体的な方策を考えていることなどを説明していった結果,被害者も納得し,示談が成立しました。また,被害者は被疑者に対する告訴も取下げてくれたため,被疑者には同種前科があったものの,検察官(東京地方検察庁)は,被疑者を不起訴処分(起訴猶予)とし,すぐに釈放しました。
 これにより,被疑者は身体拘束期間がそれほど長くならなかったため,仕事も辞めずにすみました。

刑事事件の弁護を依頼するなら,刑事事件に強い弁護士に相談を!

 自分や家族が刑事事件に巻き込まれた際に,「どんな弁護士に相談・依頼するか」ということは,非常に頭を悩ませる問題だと思います。
 刑事事件は,民事事件と異なる部分が多く,手続も異なるため,普段から刑事事件を取り扱っていない弁護士に相談・依頼するのはリスクがあるでしょう。そのため,刑事事件に関して相談・依頼する際には,刑事弁護の経験が豊富な弁護士,刑事事件に強い弁護士を弁護人に付けることをお勧めします。
 刑事弁護の経験が豊富にある刑事事件に強い弁護士に相談すれば,早い段階で弁護方針が固まり,その先のやるべきことが見えてきます。そうすることによって,安心感が得られ,適切な行動が取れるようになります。そして,警察・検察の処分や裁判所の判決などを有利な方向に導く可能性が上がることになります(逮捕の回避,勾留の阻止,保釈許可,不起訴処分,執行猶予判決など)。
 渋谷青山刑事法律事務所は,刑事事件の弁護に特化した弁護士事務所であり,刑事事件の相談実績,解決実績が豊富にあります。刑事事件に巻き込まれた場合には,ぜひ渋谷青山刑事法律事務所に御相談ください。

その他のメニュー

痴漢冤罪について解説しております。

身柄の釈放,保釈について説明しております。

刑事事件における示談について説明しております。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

無料法律相談はこちら(初回のみ無料です。)

0120-135-165

相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらのページは,痴漢事件における示談に関するページです。

 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【刑事事件】に特化した法律事務所です。刑事事件に精通した弁護士が,痴漢盗撮窃盗覚せい剤傷害などあらゆる犯罪を全力で弁護いたします。御家族が逮捕された方,被害者と示談したい方はすぐに無料電話相談を!

 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料法律相談はこちら

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
(申し訳ありませんが,被害者側の御相談は対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!