刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,
日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

痴漢事件の解決実績5

外国人の痴漢事件で,不起訴処分となった事例

事件概要

外国人の被疑者がJR山手線の電車内で女性のお尻を触ったとして東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢事件)で警視庁に検挙された事件。
 被疑者は日本で暮らす外国人でしたが,永住資格などは持っていませんでした。

弁護活動

 本件が警察署から検察庁に送致された直後に,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。
 検察官は被疑者を略式罰金処分にしようとして,手続を急いでいたため,弁護士は早急に被害者と連絡を取り,すぐに被害者と示談しました。被疑者には本件以外にも余罪がありましたが,弁護士が作成した不起訴処分を求める意見書の中で,永住資格を有しない外国人である被疑者が略式罰金処分になれば,在留資格に関し多大な不利益を被ることを訴え,検察官に略式罰金処分にしないように求めていきました。
 その結果,検察官(東京地方検察庁)は弁護士の主張を受け入れ,被疑者を
不起訴処分(起訴猶予)しました。

弁護士のコメント

 永住資格を有する外国人であれば,略式罰金処分になったとしても,すぐに日本に住めなくなる可能性は低いですが,そうでない場合には日本に住めなくなる可能性は十分にあります。そのため,永住資格を有しない外国人の刑事事件では不起訴処分を勝ち取ることが非常に大きな意味を持ちます。

その他のメニュー

否認事件の弁護

痴漢事件を題材に,否認事件の弁護士の活動を解説しております。

痴漢事件における示談

痴漢事件における示談について解説しております。

痴漢

痴漢事件に関する刑事弁護について説明しております。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

無料法律相談はこちら(初回のみ無料です。)

0120-135-165

相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

無料法律相談はこちら

無料法律相談

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
(申し訳ありませんが,被害者側の御相談は対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,事務所が東京都渋谷区にあるため,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

二宮英人-代表弁護士

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!

メディア掲載実績・
講演実績

2019年9月25日

・二宮英人弁護士がRKBラジオでスクールロイヤーについてコメント・解説しました。

2019年9月9日

・二宮英人弁護士が週刊FRIDAYで強制性交等事件についてコメント・解説しました。

2019年7月1日

・二宮英人弁護士がTBS「あさチャン!」で往来妨害事件についてコメントしました。