刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

刑事事件専門の弁護士をお探しなら

弁護士法人
渋谷青山刑事法律事務所

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

前科を付けたくない

 このページでは,「前科を付けたくない」とのご依頼に関する弁護活動の流れなどについて解説いたします。

前科とは?

 前科とは,過去に有罪判決で刑の言い渡しを受けた事実です。これには,ドラマで見るような裁判で有罪判決を受けたというものに限らず,略式手続での罰金刑でも前科になりますし,科料も前科に含まれます。
 似た言葉として,前歴というものがありますが,これは過去に捜査機関により被疑者として捜査対象になった事実(少年事件で処分を受けた場合にも前歴に当たります)ですので,前科とは異なります。

前科が付くことによる不利益

1 捜査機関が管理する前科調書に記録されます。
有罪判決を受けて前科が付きますと,捜査機関が管理する前科調書に記録されます。 この前科調書には,どんな被疑事実でどのように処罰されたか等が記録されています。そのため,再度罪を犯した場合には,この前科調書により,その人に前科があることが捜査機関に分かってしまいます。
 捜査機関に前科の存在が判明してしまうと,たとえば,逃亡のおそれの有無の判断,罪証隠滅のおそれの有無の判断,反省の有無の判断などにおいて,事実上,前科があることが不利に働く可能性が生じてきます。このように,前科が付いてしまうと,前科の存在によって,身体拘束の期間が延びてしまったり,検察官の処分や裁判所の判決において,不利な判断がなされるようになります。

2 資格や職業が制限されます。
・以下の資格や職業は禁錮以上の前科があると制限されます。
学校の校長,教員,教育職員,行政書士,一級建築士,公認会計士,一般職の国家公務員,裁判員,裁判所職員,自衛隊員,司法書士,社会福祉士,介護福祉士,税理士,地方公務員,保護司,宅地建物取引業者,宅地建物取引士など
・以下の資格や職業は罰金以上の前科があると制限されるおそれがあります。
医師,外国医師,外国歯科医師,外国看護師等,気象予報士,歯科医師,歯科衛生士,獣医師,保健師,助産師,看護師,准看護師,薬剤師など

3 海外旅行が制限されるおそれがあります。
旅券法により,禁錮以上の刑に処せられた場合(執行猶予も含む)は,旅券の発給等が制限を受ける可能性があり,また,禁錮以上の前科がある場合は,旅券返納命令の可能性があります。
 さらに,禁錮以上の刑に処せられなくても,前科があると,旅行先の国の入国審査で引っかかってしまうことがあります。

家族等に不利益が生じる可能性があります。
 ある人に前科があったとしても,一般的には,その家族の就職に不利益が生じることはありませんが,公務員の中でも特殊な職種の就職については,事実上不利益な扱いを受ける可能性があります。
 また,最近は,事件に関してニュースで報道されたものがインターネット上などに長く残っていることもあり,そういった情報で前科のことが知られてしまい,家族等の就職や結婚に不利益が生じる可能性もあります。

前科を付けない弁護活動

 捜査機関が被疑者に対して必要な取調べを行い,捜査機関の手元に十分な証拠が集まった段階で,検察官は,被疑者を起訴するか否かの判断を下します。平成28年の犯罪白書によると,平成27年の裁判確定人員は333755人であり,そのうち,無罪確定者は88人でした。すなわち,検察官に起訴されてしまうと,無罪となる割合は,0.03%しかなく,起訴されてしまえば,ほぼ何かしらの前科が付いてしまうということになります。他方,起訴率は,平成28年の犯罪白書によると,平成27年では33.4%でした。このように,統計結果からみると,前科を付けないためには,検察官に起訴させない=不起訴処分を獲得することが不可欠であることがわかります。

 事件がかなり軽微であれば,何もしなくても不起訴処分になることはありますが,被害者がいる事件などでは,被害者に対する被害弁償や示談をしなければ,不起訴処分にならないことが多くあります。被害者に対する被害弁償や示談に関しては,捜査機関としては,当事者同士で行わせると,トラブルの素になるため,一般的には,弁護士が弁護人として間に入って,行う形になります。そのため,不起訴処分を獲得するためには,弁護士を弁護人として選任し,被害弁償や示談に当たってもらう必要があります。
 また,被害者がいない事件や否認事件では,被疑者の反省を裏付ける証拠を収集したり,被疑者に犯罪事実が成立しないことを裏付ける証拠を収集したりする必要があります。特に,被疑者が身体拘束されている場合には,自分自身でこのような活動をすることはできませんし,検察官の処分が出るまでに時間もありませんので,早急に弁護士を弁護人に付けるべきでしょう。

 弁護士が弁護人として付けば,被疑者が不起訴処分となるように,弁護士がポイントを押さえた弁護活動を行っていきます。被疑者との接見,被害者との示談,証拠収集などを迅速かつ適切なタイミングで行い,意見書を提出するなどして,検察官に対して,被疑者を不起訴処分にするように求めていきます。

不起訴処分となって,不利益を回避した実績

窃盗事件(万引き)で,被害会社と交渉して,不起訴処分を獲得した事例

被疑者(公務員)がセール会場にて衣類等万引きし,その場で警備員により検挙された窃盗事件において,弁護士が被害会社に被疑者の謝罪の意思を伝え,被害会社の処罰感情を和らげたうえ,検察官に被疑者の反省の態度等を伝える意見書を提出した結果,被疑者は,不起訴処分(起訴猶予)となりました。
 本件では,当事務所の弁護士が弁護人として選任される前に,被疑者が職場に事件のことを伝えていましたが,弁護士が職場の対応も行い,重大な不利益処分を思いとどまるように説得した結果,懲戒処分は下ったものの,免職は免れました。

公然わいせつ被疑事件で,送致罪名を軽犯罪法違反に変更させて,不起訴処分を獲得した事例

 被疑者がテーマパーク内で女性とわいせつな行為をしているところを目撃され,公然わいせつ被疑事件(6月以上の懲役もしくは30万円以下の罰金)として検挙された事件において,弁護士が担当警察官に対して軽犯罪法違反(身体露出の罪,1日以上30日未満の拘置または1000円以上1万円未満の科料)しか成立しないことを主張した結果,検察庁への送致罪名が公然わいせつ罪より軽い軽犯罪法違反となりました。
 その後,弁護士が目撃者と示談交渉を行ったことなどを書面にして,検察官に対し,意見書で不起訴処分を求めたところ,最終的に,検察官は被疑者を不起訴処分(起訴猶予)にしました。
 この事件では,被疑者が国家資格を有しており,不起訴処分にならなければ,その資格が取り消される可能性がありましたが,不起訴処分となったため,資格が取り消されることはありませんでした。

迷惑行為防止条例違反被疑事件(電車内での痴漢)で,被害者との示談が成立して,不起訴処分となった事例

 被疑者が電車内において女子高生のスカートの中に手を入れ,下着の上から陰部を触ったことにより,公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢)で警視庁に逮捕・勾留された事件において,被疑者に勾留決定が出た後に,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。
 弁護士は,受任した直後に,担当検事に対して被害者の連絡先を弁護士に伝えるように要請し,被害者の連絡先を検事より教示された後すぐに,被害者側と連絡を取って行きました。そして,弁護士は被害者の父親と数回面会して,被疑者の反省の気持ちを伝え,再犯防止策を提示して,被害者の父親と示談交渉を行っていきました。被害者の父親は,弁護士の話から,被疑者の反省の気持ちや被疑者の再犯可能性の低さを認め,弁護士との間で示談書を取り交わしてくれました。
それに伴い,弁護士が検察官に対して,すぐさま被害者との示談が成立したことを報告した結果,検察官(東京地方検察庁)は,処分保留で被疑者を釈放しました。その後,弁護士は不起訴処分を求める意見書を検察官に提出しました。そして,検察官は,弁護士の意見を聞き入れ,被疑者を不起訴処分(起訴猶予)としました。

 この事件では,被疑者が逮捕・勾留されたことを勤務先は把握していましたが,弁護士が勤務先と交渉し,被疑者が不起訴処分となったことを説明した結果,最終的に被疑者は勤務先を辞めずにすみました。

その他のメニュー

刑事事件における弁護士の必要性について解説しております。

刑事事件における示談について解説しております。

前科と資格の制限について解説しております。

無料法律相談はこちら

お気軽にお問合せください

無料法律相談はこちら(初回のみ無料です。)

0120-135-165

相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらのページは,【前科を付けたくない】という御依頼内容に関するページです。

 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【刑事事件】に特化した法律事務所です。刑事事件に精通した弁護士が,痴漢,盗撮,窃盗などあらゆる犯罪を全力で弁護したします。御家族が逮捕された方,被害者と示談したい方はすぐに無料電話相談を!

 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料法律相談はこちら

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
(申し訳ありませんが,被害者側の御相談は対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!