刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

刑事事件専門の弁護士をお探しなら

弁護士法人
渋谷青山刑事法律事務所

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

代表弁護士 二宮 英人(にのみや ひでと)

出身

福岡県福岡市

経歴

1981年生まれ
私立ラ・サール中学校卒業
私立ラ・サール高等学校卒業
東京大学法学部私法学科卒業
(大学時代は,会社法の
 江頭憲治郎教授のゼミに所属)

個別指導塾において講師として勤務後,
中央大学法科大学院に入学。
(大学院時代は,元東京地検特捜部長
 宗像紀夫教授のゼミに所属)
同大学院を卒業後,司法試験に合格。

熊本において司法修習を行い,その際に聴覚障害者の裁判員裁判を弁護側で体験。
司法修習修了後,都内の刑事事件専門の法律事務所に入所。その後,数年の勤務を経て,渋谷青山刑事法律事務所を開設。

所属

東京弁護士会

法曹養成センター委員会

活動

中央大学法科大学院実務講師(刑事系科目担当)
亜細亜大学実務講師(現代教養特講,法律実務)

日本プロ野球選手会公認選手代理人

著書等

「付添人レポート 強制わいせつ保護事件 少年の友人と協力し,裁判官と協調して獲得できた非行事実なし不処分決定」季刊刑事弁護78巻67頁

ご挨拶

 弊所のホームページにお越しいただきありがとうございます。私は,渋谷青山刑事法律事務所の代表弁護士をしております二宮英人と申します。

 私は,弁護士登録をしてからこれまで刑事事件・少年事件を専門に活動して参りました。これまで,あらゆる犯罪の被疑者・被告人を弁護してきましたが,特に,性犯罪事件や薬物犯罪事件の弁護には力を入れてやってきました。例えば,性犯罪事件では,痴漢や盗撮といった犯罪から,裁判員裁判になるような強姦致傷,強制わいせつ致傷などの重大な犯罪まで取り扱ってきました。

 刑事事件の被疑者・被告人というと,多くの方が「良心を持たない極悪人」を想像されると思います。ただ,私がこれまでに接してきた被疑者・被告人のほとんどは,こにでもいる普通の立派な大人たちでした。例えば,奥さんと子供に囲まれて何不自由のない幸せな生活を送っている人もいましたし,大手有名企業に勤めて,順風満帆な人生を送っている人もいました。そんな人たちが,何らかのきっかけで一歩道を踏み外してしまい,刑事事件の被疑者・被告人になってしまっていました。

 彼らが犯した犯罪自体は許されるものではありませんが,私は,彼らの人生がその1つの事件ですべて台無しになってしまうのもまた違うような気がしています。人間は,過ちを犯すことがありますが,その過ちを悔い改めて更生できれば,私は,彼らの培ってきた家族やキャリアまでもが傷つけられるべきではないと思っています。

 もし,何らかの犯罪を犯してしまい,その罪を後悔し悩んでいる方がいましたら,すぐに相談していただければと思います。また,ご家族が警察に逮捕されたり,捜査を受けたりしている方もすぐにお電話ください。私を含め,弊所のスタッフが全力でサポートいたします。そして,依頼者の方々の人生が過度に傷つけられることのないように,全力で弁護させていただきます。

メディア出演

・フジテレビ「ノンストップ!」
 「あなたの知らないセケン」のコーナーで,「休み中に増える子供たちの犯罪」という
 テーマでコメント・解説しました。

・テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~」
 「少年犯罪・少年事件における冤罪」というテーマでコメント・解説しました。

・TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」
 「広島県府中町中3自殺事件」について,少年法との関係からコメント・解説しまし
 た。

・フジテレビ「ノンストップ!」
 「あなたの知らないセケン」のコーナーで,「デートDV・LINEスタンプトラブ
 ル」というテーマでコメント・解説しました。

・週刊ポスト 2016年12月9日号
 「【夫殺し】の妻たち 戦慄の事件簿」という記事で,夫婦間の殺人事件の量刑につ
 いてコメント・解説しました。

・フジテレビ「ノンストップ!」
 「あなたの知らないセケン」のコーナーで,「ネット売買トラブル」というテーマで
 コメント・解説しました。

・Webマガジン「ママテナ」
 「見逃していない?子どもが犯罪を起こす兆候」という記事で,少年犯罪全般につい
 てコメント・解説しました。

・フジテレビ「ノンストップ!」
 「高樹沙耶被告の大麻取締法違反事件」について,公判のポイント等を説明しました。

・TOKYOMX「田村淳の訊きたい放題!」
 「少年法の対象年齢引き下げ問題」について、少年法改正の動きの背景や対象年齢引
 き下げの是非についてコメント・解説しました。

 など,その他多数。 

顧問 植村 立郎(うえむら りつろう)

出身

鹿児島県いちき串木野市

経歴

1946年生まれ
私立ラ・サール中学校卒業
私立ラ・サール高等学校卒業
東京大学法学部私法学科卒業

東京大学在学中に,司法試験に合格。
司法修習終了後,裁判官に任官。
函館地方・家庭裁判所所長,新潟地方裁判所所長等を歴任し,
平成23年6月に,東京高等裁判所刑事部部総括判事として定年退官。

平成24年4月より,学習院大学法科大学院教授に就任し,
平成29年3月まで,同校で教鞭を取る。
また,平成21年4月から平成29年3月までの期間,

東京大学法科大学院においても,非常勤講師として,少年法を教える。

その後,平成29年4月より,当事務所に顧問として入所。
平成29年8月に,東京高裁において,業務上横領事件(平成28年(う)第414号事件
)で,
逆転無罪判決を獲得。

所属

第一東京弁護士会(平成23年8月に弁護士登録)

刑事弁護委員会,こども法委員会

著書等

・「少年事件の実務と法理-実務『現代』刑事法」(判例タイムズ社)
・「骨太少年法講義」(法曹界)
・「事例研究刑事法Ⅰ刑法(第2版)」(日本評論社)
・「事例研究刑事法Ⅰ刑事訴訟法(第2版)」(日本評論社)
・「刑事事実認定重要判例50選」上・下巻(立花書房)
・「実践的刑事事実認定と情況証拠(第3版)」(立花書房)
・「刑事上訴審における弁護活動」(成文堂) 等,その他多数

弁護士 有原 大介(ありはら だいすけ)

出身

広島県広島市

経歴

1980年生まれ
私立広島学院中学校卒業
私立広島学院高等学校卒業
東京大学法学部私法学科卒業
(大学時代は,会社法の
 江頭憲治郎教授のゼミに所属)

明治大学法科大学院に入学。
同大学院を卒業後、司法試験に合格。

広島において司法修習を行い,司法修習修了後,広島市内の法律事務所に入所。そこで,多数の刑事事件・少年事件を担当し,平成28年1月より渋谷青山刑事法律事務所に入所。

所属

東京弁護士会
(平成28年2月17日まで広島県弁護士会)

活動

広島大学法科大学院講師(刑法・倒産法) 平成27年12月まで

弁護士からのメッセージ

 被疑者の方やその御家族の方々は,重い処分が下るのではないか,会社を辞めなければならないのではないか,マスコミに氏名が公表されてしまうのではないかといった,非常に大きな不安をかかえられていると思います。まずはできるだけ早く相談して下さい。処分が少しでも軽くなるように,また,社会的な不利益を受けないように,様々な形で弁護活動をして参ります。

 また,私は,処分が軽くなることはもちろんのこと,二度と犯罪をしない環境作りに特に力を入れています。その場しのぎの弁護活動で重い処分を免れたとしても,また同じようなことをしてしまっては,根本的に事件を解決したことにはなりません。なぜ犯罪をしてしまったのかという原因に迫り,その原因をどのようにして取り除くかを,被疑者の方や周囲の方々とのコミュニケーションを綿密に取りながら,妥協することなく突き詰めて参りたいと思います。

 どうぞよろしくお願い致します。

メディア出演

・テレビ朝日「グッド!モーニング」
 「見逃せない☆ストライクニュースまとめ」のコーナーで,青少年保護育成条例違反が
 成立する場合などについてコメント・解説しました。

 

弁護士 岡本 裕明(おかもと ひろあき)

出身

埼玉県川越市

経歴

1985年生まれ
Bridgeview Middle School卒業
東京学芸大学教育学部附属高等学校大泉校舎卒業
東京都立大学法学部卒業

学習院大学法科大学院に入学。
同大学院を卒業後,司法試験に合格。

司法修習終了後,東京都内の刑事事件専門の法律事務所に入所。
そこで,刑事事件,少年事件を多く取り扱い,外国人事件・交通事故事件も積極的に取り扱った。
同事務所での数年の勤務を経て,
平成29年1月より,渋谷青山刑事法律事務所に入所。

所属

東京弁護士会
刑事弁護委員会

活動

学習院大学法科大学院 刑事系ゼミ担当
日本プロ野球選手会公認選手代理人
専修大学松戸高等学校 法教育授業担当

著書等

「刑事弁護レポート 窃盗被疑事件 クレプトマニアを患った保護観察中の被疑者による再犯で不起訴処分を得た事例」季刊刑事弁護7798

「再保釈請求の許可基準に関する理論と実務」学習院法務研究10231

「BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント」リスク対策.com
37号から45号,47号から50号まで全13回連載

「こんなところでつまずかない!交通事故事件 21のメソッド」(第一法規)
東京弁護士会 親和全期会 編著

弁護士からのメッセージ

 多くの方々にとって,刑事事件は,遠い世界の出来事であり,無縁の存在だと思います。突然警察から連絡を受け,警察署への出頭を求められたり,家族が逮捕されたことを伝えられた場合には,驚き,恐怖と不安で胸が締め付けられるような思いをされるかと思います。

 しかしながら,刑事事件は,犯罪性向の強い異常者だけのものではありません。これまで真面目に生活してきた方が,一時の気の迷いで一線を越えてしまうこともありますし,冤罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。また,依存症等によって,自分の意思とは関係なく,犯罪行為を繰り返してしまう方も時折いらっしゃいます。

 私は,これまで400件を超える刑事事件に携わってきました。警察や検察等の捜査機関及び裁判所への対応や,被害者の方との示談交渉等,弁護人として多くの経験を積んでおります。皆様の不安をできる限り軽減し,ベストな結果を出せるように尽力いたしますので,刑事事件についてお困りの際には,どうぞ弊所にご相談いただければと思います。

メディア出演

・201571日付けThe Wall Street Journal内の”5 Scenarios Facing Former Toyota
 Executive Julie Hamp in Japan”
との記事の中で,日本の刑事手続についてコメントし
 ました。

・201657日読売新聞内の長野県地域欄において,業務上過失致死罪の成否について
 コメントしました。 

・週刊現代第5810号の中で,覚せい剤取締法違反と保釈の関係についてコメントしました。

・20161121日付け弁護士ドットコムNEWS内の「大麻取締法『所持』は違法なのに
『使用』は対象外」…何が違うのか?」との記事の中で,大麻取締法についてコメントし
 ました。

無料法律相談はこちら

お気軽にお問合せください

無料法律相談はこちら(初回のみ無料です。)

0120-135-165

相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

無料法律相談はこちら

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
(申し訳ありませんが,被害者側の御相談は対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!