刑事事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

刑事事件専門の弁護士をお探しなら

弁護士法人
渋谷青山刑事法律事務所

渋谷駅5分,表参道駅から9分の駅から近い事務所
東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県になります。

御家族が逮捕された場合や,
警察の捜査を受けた場合には
今すぐお電話を!

0120-135-165

公然わいせつ罪の弁護

こちらでは,公然わいせつ罪について解説しております。

公然わいせつ罪について

 公然わいせつ罪とは,不特定または多数の人が認識できる状態でわいせつな行為をすることです。不特定または多数の人が認識できる状態にあればいいので,実際に不特定または多数の人間にわいせつ行為が認識される必要まではありません。この公然わいせつ罪については,刑法第174条で規定されています。
 公然わいせつ罪は,他のわいせつ犯罪と比べて,被害者への身体的な接触がないことから,刑が比較的軽くなっています(①6ヶ月以下の懲役,②30万円以下の罰金,③拘留,④科料)。
 なお,公共の場で,身体の一部を露出した場合には,公然わいせつ罪が成立しない場合であっても,軽犯罪法第1条20号の身体露出の罪(刑罰としては,拘留または科料)が成立することがありえます。

刑法第174条(公然わいせつ)

 公然とわいせつな行為をした者は,六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

軽犯罪法第1条20号(身体露出の罪)

第1条 左の各号の一に該当する者は,これを拘留又は科料に処する。 

二十 公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方でし
  り,ももその他身体の一部をみだりに露出した者

 拘留とは,1日以上30日未満の間,刑事施設に収容する刑罰をいい,科料とは,1,000円以上10,000円未満の金銭を強制的に徴収する刑罰をいいます。

具体的な態様

 公然わいせつ罪に当たる行為としては,路上で自己の性器を見せる行為や劇場などの場所でわいせつな行為を鑑賞させる行為などがあります。また,車の中から自己の性器を見せ付けるような行為も公然わいせつ罪に該当します。
 公然わいせつ罪の場合,社会の健全な性秩序等を守ることが目的となっているため,法的には被害者が存在しない形になりますが,実際上は,わいせつな行為を見せられた人が被害者という形で取り扱われることが多くなります。
 公然わいせつ罪は,他のわいせつ犯罪に比べて,刑はそれほど重くなっておりませんが,余罪が複数あるケースが多く,初犯であっても公判請求(起訴)される可能性は十分にあります。また,たとえ公然わいせつ行為が1件であったとしても,示談やしょく罪寄附ができないと,略式罰金処分になる可能性がかなりあります。
 なお,行為自体がわいせつ行為に当たらない場合には,公然わいせつ罪は成立しませんが,不特定または多数の人に嫌悪の情を催させるような行為であれば,軽犯罪法の身体露出の罪が成立することがあります。

弁護のポイント

 公然わいせつ罪の場合,同じような地域で複数回公然わいせつ行為をしているようなケースが多く,被疑者が逮捕・勾留される可能性は,事件の程度に比べると高いといえます。もし,公然わいせつ罪で逮捕されてしまったら,早い段階で弁護士を弁護人として付けるべきでしょう。公然わいせつ事件では,再犯の可能性,被害者との接触の可能性という点を排除できれば,被疑者が勾留されない可能性も十分にあるので,弁護士を付けて,検察官・裁判官に対して意見書を提出してもらうことが非常に効果的です。また,警察がいきなり逮捕しない場合もあるので,その場合には,任意での事情聴取の話が来た段階で,弁護人を付けるのをお勧めします。
 公然わいせつ罪の場合には,性嗜好に異常性がある場合が多いため,再犯防止を目的として専門の医療機関に通院するなどの方法を取ることが必要になってきます。そうすることによって,検察官が不起訴処分にしてくれたり,裁判官が執行猶予判決にしてくれたりしてくれる可能性が上がっていきます。また,被疑者・被告人が公然とわいせつな行為をしたことによって,精神的被害を被っている人がいる場合には,その人に対して被害弁償をしていくことも重要です。上でも述べたとおり,公然わいせつ事件においては,法的には被害者という立場の人はいないのですが,公然わいせつ行為の目撃者は,多くの場合,実質的に被害者と同様に扱われますので,その人に被害弁償をして,示談書を取り交わしてもらうことは,被疑者の処分や被告人の判決に一定程度の意味を持つことになります。
 公然わいせつ罪の事件は,余罪が複数あるケースが多いので,早い段階で弁護人が付いて,先の流れを予測しながら弁護方針を固めていく必要があるでしょう。

 なお,公然わいせつ罪の否認事件の場合(そもそも公然わいせつ行為がない場合,わいせつ行為には当たらない場合など),事情聴取の際に作成される供述調書の内容が非常に重要になってくるため,早い段階で弁護士を付けて対応することが必要です。この時点で作成される供述調書が防犯カメラなどの客観的な証拠と矛盾していると,それだけをもって被疑者・被告人の主張が退けられてしまう可能性があります。また,目撃者の供述を弾劾していく必要もありますので,早い段階で弁護士を付けて,こちらに有利な証拠をかき集めておくことも重要になります。

公然わいせつ事件の解決実績,お客様の声

公然わいせつ被疑事件で,送致罪名を軽犯罪法違反に変更させて,不起訴処分を獲得した事例

 被疑者がテーマパーク内で女性とわいせつな行為をしているところを目撃され,公然わいせつ被疑事件(6月以上の懲役もしくは30万円以下の罰金)として検挙された事件において,弁護士が担当警察官に対して軽犯罪法違反(身体露出の罪,1日以上30日未満の拘置または1000円以上1万円未満の科料)しか成立しないことを主張した結果,検察庁への送致罪名が公然わいせつ罪より軽い軽犯罪法違反となりました。
 その後,弁護士が目撃者と示談交渉を行ったことなどを書面にして,検察官に対し,意見書で不起訴処分を求めたところ,最終的に,検察官は被疑者を不起訴処分(起訴猶予)にしました。
 この事件では,被疑者が国家資格を有しており,不起訴処分にならなければ,その資格が取り消される可能性がありましたが,不起訴処分となったため,資格が取り消されることはありませんでした。

被疑者の声

先生にお願いした意義は,大きかったです

  正直なところ,当初は「弁護士の先生にお願いするほどの案件ではないのではないか」「資金がもったいないのでは?」なども思いました。
  実際にお願いしてみると,さまざまな不安を和らげていただくことが多く,おかげさまで自分の仕事に集中することができました。お願いした意義は大きかったと思います。 

数件の公然わいせつ被疑事件で,被疑者の身体拘束を解き,公判請求(正式裁判)を回避した事例

 被疑者が運転中の普通自動車内において,通学中の女子生徒に対し,露出した陰部を見せ付けたとして公然わいせつ罪逮捕された事件(3件の事件で刑事事件化)。
 被疑者は警視庁に逮捕されましたが,当事務所の弁護士が検察官(東京地方検察庁立川支部)に対して勾留請求を回避するように求める意見書を提出したところ,検察官は勾留請求をすることなく,逮捕の翌々日に被疑者を釈放しました。
 その後,弁護士は検察官に対して,被疑者が当該行為に至った背景及び両親による監督等による更生環境が整備されていることなどを主張した結果,被疑者は3件の公然わいせつ事実で刑事事件化されていたものの,検察官は被疑者に対して公判請求を行うことはしませんでした。なお,本件では犯行現場近くの他の事件についても,被疑者は捜査機関から疑われていましたが,弁護士の対応もあり,その他の事件で検挙されることはありませんでした。

被疑者の父親の声

岡本先生,ありがとうございました

 この度は,息子の刑事事件に関しましてお力添えをいただき,ありがとうございました。
 突然刑事が現れて連れていかれた時には途方に暮れ,すがる
思いで問合せしたのが渋谷青山刑事法律事務所でした。任意同行,度々の出頭,逮捕,釈放と目まぐるしく状況が変化する中で,その時々に考えられるシナリオを説明いただけたので,岡本先生の指導の下,息子と私と家内は最善の方向を目指して行動することができました。
 略式罰金という結果になりましたが,公判を回避することができ,最悪の事態を免れて安堵しております。また,費用につきましても明解でありましたので,安心してお任せすることができました。
 息子は思い悩み,家族の苦悩を見て,大いに反省したはずです。二度とこの様なことがない様に見守って参ります。色々とありがとうございました。感謝申し上げます。

公然わいせつ被疑事件で,目撃者の母親と示談交渉をして,不起訴処分を獲得した事例

 被疑者が路上に駐車した車の中で裸になり車外の人間に性器を見せつけた公然わいせつ事件で,被疑者は警察署に呼ばれ,事情聴取を受けました。その後,弁護士が弁護人として付き,性器を見せつけられた被害者の母親と示談交渉を行っていきました。
 弁護士と話したことにより,被害者の母親は,被疑者の反省などを評価するようになり,被疑者と示談してくれました。その後,弁護士が検察官(東京地方検察庁立川支部)に対して,不起訴処分を求める意見書を提出した結果,被疑者は最終的に不起訴処分(起訴猶予)となりました。

同一地区で多数回の公然わいせつ行為を行っていた被告人を起訴後に保釈し,執行猶予判決を獲得した事例

 被告人が自宅近くで多数回自分の陰茎を見せるなどの公然わいせつ行為を行っていた事件で,弁護士は被疑者が逮捕された直後に弁護人として付きました。
 公然わいせつ行為が多数あったことから,すぐに釈放されることはありませんでしたが,弁護士が本件で被疑者が起訴された直後に,被告人の住居を他県に移動させる旨記載した保釈請求書を提出した結果,すぐに被告人の保釈が認められました
 その後の東京地方裁判所における裁判においては,被告人の両親の監督や被告人が専門医療機関において治療を受けることなどが裁判官に高く評価され,被告人は最終的に執行猶予判決となり,刑務所に収容されずにすみました。

その他のメニュー

解決実績,お客様の声について紹介しております。

弊所の事務所概要について説明しております。

児童買春・青少年保護育成条例違反に関する刑事弁護について解説しております。

無料法律相談はこちら

お気軽にお問合せください

無料法律相談はこちら(初回のみ無料です。)

0120-135-165

相談電話受付時間:7:30~23:00(日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

無料法律相談はこちら

御家族が逮捕されたら,すぐにお電話ください。
(申し訳ありませんが,被害者側の御相談は対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となります。

ごあいさつ

代表弁護士:二宮 英人

刑事事件は時間勝負です。
ご家族が逮捕されるなど,
お困りのことがあったら,
すぐにお電話ください!